« イリジウムプラグ&パワーケーブル | トップページ | 効果アリ! »

2007年12月29日 (土)

ワゴンRのプラグ交換

バッテリーもセルも元気なのに始動性が悪く、考えられるのはプラグ! ということで、以前から気になっていた、イリジウムプラグへ、ついでにケーブルもパワーケーブルへ交換しました。いつもお世話になっているディーラーのメカニックとも相談したのですが、パワーのない車への点火系チューンは効果が感じられるとのこと。

Plug1
汚いエンジンルームで恥ずかしいのですが…
エンジン形式は2バルブターボのF6Aです。Keiと同じエンジンで、ワゴンRの中では少数派。

Plug2
まず、コードを引っこ抜きます。狭い!手、入らない(笑)コード抜けない… 頑張る… 抜けない… 最後はちからワザ?
多少、外さなければいけないパーツがあっても、真上からアプローチできるDOHCのほうが楽かも。

Plug3
外しにかかる前にプラグホールの埃を吹き飛ばしておくといいですね。
Plug4
プラグレンチ&ラチェットでギコギコ。エクステンションの長さが微妙で結構苦戦。
ちなみに、エクステンションは

シリンダー1:長
シリンダー2:短
シリンダー3:ナシ

Plug5
緩んできたら、次のアイテム。クネクネのプラグレンチ。これも微妙に短く苦戦(苦笑)
Plug6 良くある構図ですが、外したプラグと新品の比較。
焼け具合がどうこうと言う以前に電極の減りがヒドイ!ここまで放置した自分がいやになります。

それにしても、イリジウムプラグの電極って細いですねぇ~

Plug7
あとは、逆の手順、新品プラグのネジ山にモリブデングリスを薄く塗って 取り付けです。
プラグ交換のみであればここで終わりですが、ケーブルの交換もします。親切にそれぞれ番号まで付いていますが、1本ずつやれば間違え様がありません。

Plug8
無事終了です。ファミリーカーなのに、ここだけスポーティーみたいになっちゃいました。

始動性と燃費の向上に期待したいです。

|

« イリジウムプラグ&パワーケーブル | トップページ | 効果アリ! »

CAR」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。