« 100003km | トップページ | It's Raining Men »

2010年1月25日 (月)

八つ墓村

Yatsuhakamura当時、小学生でしたが、犬神家の一族をはじめ、横溝正史シリーズは欠かさず観てました。推理モノというよりは、ホラー的感覚だったかもしれません。「祟りじゃ~っ」とかね(笑) 悪魔が来りて笛を吹くなんてとっても怖がって観ていた記憶が… 金田一耕助役は古谷一行の印象が強いですが、先日借りてきた旧作DVDは豊川悦司が演じる1996年の作品です。最近、稲垣吾郎ちゃんのシリーズもありますが、それはちょっと微妙… それにしても、このシリーズ、人、死にすぎですねぇ。ストーリー的には、悪魔の手毬歌が一番おもしろいと思います。

|

« 100003km | トップページ | It's Raining Men »

MOVIE」カテゴリの記事

コメント

八つ墓村の祟りじゃ、ひぇ~。よくやってました。(笑)
当時恐かった映画も、今見たら笑ってしまう内容に見えてしまいますよね?

投稿: 竜太 | 2010年1月25日 (月) 11時11分

あ、確か実在した事件をモデルにしたんですよね?

投稿: 竜太 | 2010年1月25日 (月) 11時13分

子どもの頃、「すけきよ」が怖くて泣いてました(笑)

投稿: ほー | 2010年1月25日 (月) 20時51分

>竜太 さん

津山33人殺傷事件ですね。
頭にタオルを巻いて懐中電灯を2本差してたって描写はホンモノ??


>ほー さん

夜中にバッタリ遭ったら、今でも泣きます(笑)

投稿: TAK@管理人 | 2010年1月25日 (月) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八つ墓村:

« 100003km | トップページ | It's Raining Men »