クラッチカバー交換

クラッチカバーオクでGETしていた、クラッチカバー。取り付けるに当たって、接合面をチェックしてみると、ガスケットの固着が酷い
せっせとスクレーパーで削り取ります 汗だく…(笑)
気を付けてはいたのですが…
ガスケット除去 やっぱり、やっちゃった…orz

オイルストーンで接合面を均して、その後アルコールで脱脂。OILパイプの詰まりをチェックして、準備完了
Clutchcover2 もちろん、新品ガスケットも購入済です。
S/Mによると、「カバーの前側・後側にシリコンシーラントを塗れ」と書いてあったので、言われたとおりにしました。
Clutchcover3 BEFORE : 残念な状態(苦笑)

言い訳ですが、とどめを刺したのは事実でも、購入時からあったキズです。
Clutchcover4全部緩めて、一発ぶっ叩けば はい、外れました。
サイドスタンドで立てることによる傾きでオイルが漏れてこない予定でしたが… あぁ~

急遽、ジャッキをかませて、さらに角度をつけましたよ
Clutchcover5 外したボルトは予想通り


再利用は精神衛生上よろしくないので、こちらを準備しておきました。
Clutchcover6 AMC ステンレスエンジンカバーボルトセット

寸法がわかれば、ホームセンターで揃えることも容易いでしょうが、 Ninja 1台分ピッタリ というお手軽さが良いですねぇ

今回、右側をやっつけたので、左側は何かのついでにでも…
Clutchcover7 あとは、サクッと取り付けて完成

ボルトにはネジロック剤をつけるようにとのことでしたので、そのようにいたしました。

う~ん、綺麗になりましたね


Back