イニシャルアジャスター取り付け

見た目重視(笑)でイニシャルアジャスターを取り付けました

伏線はハンドルを交換したところから。
ノーマルのセパハンだとフォークトップの部分は塞がっていますが、自分のつけているタゴス・ニンジャバーは、あらかじめ、くりぬかれています。つまり、イニシャルアジャスターが付くことが前提になっているってワケですね。ブルドッカータゴスのHPの商品ページを見ても、装着例のマシンは、やはり、付いた状態。

 

I_adj1

 

暫定的にハリケーン製のフォークトップキャップ(ゴム製)で塞いでおりましたが、予算が付きましたので、イニシャルアジャスター購入・取り付けとなりました。

スプリングにイニシャルをかけて、どうこうしようではありませんので、一番安いと思われる、POSHのTYPEⅡです。エアの調整ができないヤツですが、全然OKです。

 

I_adj2

当然、シルバーね

I_adj3

 

作業は、いつもお世話になっている leeshirakiさん の全面協力のもと…

 

ハンドルを外して、フォークトップのおでまし。

 

I_adj4

 

I_adj5

 

今まで、活躍してくれたキャップは、leeshirakiさん Ninja に受け継がれました

外れた瞬間、バネの力で空中に吹っ飛ぶ可能性がありますので、慎重に外します。

スプリングの上に入っているカラーを交換。付属のモノは少し短いです。

 

I_adj6

 

逆の手順で取り付けです。

自分のはセンタースタンドが付いているので、2人で作業すれば、ジャッキアップは不要です。

 

I_adj7

 

規定のトルクで締め付け

 

I_adj8  

 

完成~ かなり自己満足

 

I_adj9




Back