津別〜標茶〜釧路〜白糠〜士幌 ジムニー旅!

雲海からの日の出を見たいがために、早朝の津別峠展望台を目指しました 数日前から連続して雲海発生していることをチェック(ライブカメラで見ることができます)しかし、前日の11日朝は発生しなかったんですよね〜… いったんは諦めかけましたが、眼下に当たる弟子屈町の当日のピンポイント予報(天気・気温・湿度)から、おそらく発生するだろうと自己判断過酷なプランを決行することとしました。

ウチから津別峠までの距離、約330km。。。遅くともAM3時には現地に到着したいので、逆算して前日20時半発射です。ETC車載器が付いてないので、ひたすら下道です。なんせ捕まりたくないので、あえて裏道は使わず、混んでてもポピュラーなコースを選択しました。R12神居古潭の有名取り締りポイントではしっかり仕事をしてましたね〜(笑)そして時間的に旭川以遠でガソリン難民になることを予想し、旭川新道の入口で8リッターしか入りませんでしたが満タンにしておきました。結果的にこれは正解

セイコマは24時間営業ぢゃないところが多いので、コンビニ難民にもなるかな?なんて思いましたが、温泉街(層雲峡&温根湯)にはしっかりセブンイレブンがありました。留辺蘂駅前もローソンが開いてましたね。さすが特急の停まる駅旭川で買い出しを済ませましたが、こちらは心配しすぎだったようです


石北峠 AM1時 石北峠頂上。10数年ぶりですよ、ここ通るの…
空気が澄んでて星がバッチリ 天の川も肉眼で確認できるレベルでした

道の駅おんねゆ温泉 トイレ休憩で立ち寄った道の駅おんねゆ温泉

以前からありましたっけ?前回(10数年前)に通ってるはずですが完全にスルーだったみたい

途中、幾度も鹿とキツネに遭遇 鹿の飛び出しにはヒヤリとしますね…しかたない


で、現地到着。


高度計 ウチのジムニーちゃん、高度計なるものが付いていますが、950mを表示してます。津別峠は947mらしいので、まぁ合ってますね 駐車場はすでにクルマいっぱいです。

まだAM3時前ですが薄っすらと明るくなってきました。上着を羽織っていざ あれ、寒くないぞ…そして。。あ〜…屈斜路湖の中島が見えちゃってる。残念… 一応湖面上には雲は発生してますが、圧倒的な迫力はありません。思ったより気温下がらなかったからかなぁ。せっかく来たので夜明けの撮影でも…(苦笑)

まわりは一眼のカメラに立派な三脚の人たちばかりです。ピーク時には30人くらい居たと思います。コンデジの限界を感じつつ、何枚かUPしますね

 

太陽も昇りきったところで、撤収 それでも1時間半くらい居ましたよ。明るくなったところで展望台のシャレオツな建物とジムニー

帰り道で展望台入り口看板の撮影

峠の下りでお魚ちゃんを大量にくわえたキツネがいたけど、どこで捕獲したんだろう?

このまま帰るのもなんなのでちょっと観光地を巡って行きますね。

硫黄山 摩周第三展望台

摩周第三展望台

硫黄山 → 摩周第三展望台 → 第一展望台 

多和平


多和平 多和平
 ↓
釧路湿原(細岡展望台)

さすがにここで15分くらい仮眠とりました 

釧路湿原

そして釧路ZZ Riders本部「あじと」へ寄り道。クルマだったのでhooryさんを驚かせてしまいました(笑)

テストを完了したソフトクリーム製造機が所定の場所に鎮座しておりましたよ まもなく開店のようで楽しみです。本部で少し駄弁って帰路につきます。コーヒーご馳走さまでした

白糠IC 上茶路上茶路(停)線

春に道東道の浦幌-白糠間が開通しましたね。白糠ICといっても街から20km山奥です(笑)さっそく走る機会ができたと思いましたが、高速に入る直前で気が変わりました 旧国鉄白糠線跡を巡ってみることにします 以前TVでやってたのを観て、たしかホームとか駅標が残ってる駅があったはず…記憶が曖昧ですがR392を走って、お?665上茶路上茶路(停)の道道標識発見 駅への接続道路ってやたら短くても道道ってのがよくありますよね?ほぼ自然に帰りつつある道ですが入ってみます。が、あれ〜?何もありません Google先生に聞こうと思っても電波状態が悪く調べようがない。。。帰宅後調べたら正解だったようです。草ボーボーで見つけられなかったか??気温もすでに急上昇していて弱気になってたからなぁ…残念 廃墟廃道系探索は携帯が使えないことを前提に事前の十分なリサーチが必要だと痛感しました。

さらに進むと、お?道東林道の入口発見。オフ乗りではなくとも、その存在は以前から知っておりました。ここなんですね〜…ただ、現在は通行できないとのこと。

道東林道

さて、一旦は通り過ぎたところですが、上茶路上茶路(停)の標識がもう1カ所あったんですよ。やっぱり気になって、引き返して前進してみることにしました。ジムニーの本領発揮ですね。最初に入ったところの近くに合流するものとばっかり思ってましたが、行けども行けども奥へ進んでいきます。大型の動物の骨も落ちてます もちろんGoogleマップも使えません そろそろ引き返そうかと思ったところで分岐が え?道東林道??ってことはこのまま進めばさっきの林道入口へ出られるってこと?希望的憶測で進んでみると…ガーン。。初心者にはどうよ?って感じのコース 四駆にすれば登れそうな感じでしたが、何かあっても助けてもらえないので断念。さっきの分岐からすこし先にも進んでみましたが険しくなる一方で、Uターンできる場所を見つけ来た道を戻った次第です。結果的には深追いせずに正解だったみたいです。危なく遭難するところでした(汗)

最後に当時の終点、北進駅付近の跨道橋を写真に収めて廃線めぐりは終了です 涼しい季節にリベンジかなぁ…


すっかり寄り道で時間くってしまいました。結局、浦幌-本別間だけ高速利用(笑)r134経由で士幌へ向かいます 初めて通るコースですが、沿道にしほろ温泉なるものがあって、しかも道の駅だったとは全く知りませんでしたわ〜…

では、お楽しみのランチです 今回は津別峠と、ここのハンバーガーだけは最初っから決めてました。道の駅ピア21しほろのレストランでしほろバーガーね 厚さ的には最大限のインパクトです 道の駅内のレストランなんて…と思うかもしれませんが本格的で味も良いです。以前から行こう行こうとは思ってますたが、やっと念願が叶った感じですね 他のメニューはどうなんでしょう?けっこうな混雑でしたよ。

道の駅ピア21しほろ しほろバ−ガー

いやぁ、それにしても暑い 士幌は34℃あったらしいです。〆のソフトのためにここでは我慢。

士幌からは、定番コース(屈足→サホロ→狩勝峠→トマム→占冠)です。淡々と走り続けます。そして、キッチンふらいぱんのソフトで〆。16時でも31℃ありましたよ お腹が空いてなかったのでミニサイズにしましたが普通のサイズでも良かったかもね。ひたすら下道を走り、途中眠くて大変でしたが、18時無事帰還

走行距離、約900km。燃費13km/L…わかってはいますがヒドイですね(笑)